歯科用CT 詳細へ

歯科用CT

当医院では被ばく線量の少ない歯科用CT装置を導入し安全な歯周病治療・インプラント治療を心がけています。
医科用CTと比較して高画質で被曝量が1/8~1/50とかなり少なくなります。
従来のX線写真と違って、歯科用CTでは三次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られます。

歯科用マイクロスコープ
詳細へ

歯科用マイクロスコープ

歯科用マイクロスコープは根管治療をはじめ、むし歯の治療や歯周外科手術など 幅広い用途があります。
その他に治癒期間の短縮、さらに精密な処置、治療不可能であった根管の治療など様々な利点があります。

デジタル方式レントゲン

デジタル方式レントゲン

従来のフィルム方式に比べて被曝線量が約1/10と患者さんの負担を軽減します。
小さい子供さんや妊娠中の方でも安心して撮影することができます。
デジタル化のメリットとして撮影後すぐモニターで確認することができます。

口腔内カメラ

口腔内カメラ

当院では治療前に「口腔内カメラ」を使用し、患者さんご自身の目でお口の中の状態を見ていただき、納得していただいてから治療をおこなっています。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

レーザー装置は主に生体組織の蒸散、切除、切開,止血などに使用します。利点として麻酔を使わずに無痛治療が可能もしくは 少量の麻酔での処置ができ、出血が無く縫合も必要ないことなどです。

【歯科用レーザーの用途】
・歯周病(歯槽膿漏)
・知覚過敏
・口内炎 、ヘルペス
・抜歯後の止血
・良性腫瘍の切除など

生体情報モニター

生体情報モニター

当医院は高血圧症、心疾患など全身疾患を持った方の治療も行っております。
局所麻酔や観血処置を行うにあたり偶発事故防止をはじめ、安心・安全な治療を行うために生体情報モニターを導入しております。

自動印象材練和器

自動印象材練和器

歯型を取るための印象材を練る機械です。印象材は水と粉を混ぜて作るのですが、従来は手で練って印象材を作る場合が多く、熟練しても気泡が入ったり、 練り具合にむらが出来るため、精密な印象には不利でした。
当医院ではこの装置を使い、気泡がなく、練りむらのない印象材を作り、誤差のない精密な治療を行っています。
患者様の目にはつかない装置ですが、精度の高い治療に大変役立っています。