矯正歯科治療とは、歯並びとかみ合わせの改善する治療です。
歯並びを美しくする「見た目の治療」と思われがちですが、本当の目的は「しっかりと噛める口をつくる」ことにあります。
正しいかみ合わせは、かむ、飲み込む、発音する、などのお口の機能を向上させるばかりでなく、運動能力の向上、集中力の増加など、体全体の健康増進に大きく関与していると考えられています。
矯正

検査

1)検 査

カリエス検査・歯周病検査・食習慣の問診のほか、今後の治療効果の判定基準にするための口腔内写真および顔貌写真、X線写真の撮影を行います。
また歯の状態や上下顎の歯の咬みあわせ、歯列の形など、口腔内の詳細を観察するために歯型を取ります。

診断

2)診 断

検査結果に基づき、分析値一覧および治療計画書を差し上げ、歯やアゴのどこが悪くて不具合が起こっているのか、分かりやすくご説明します。

治療開始

3)治療開始

装置装着後は、歯磨きが難しくなります。装置に最適なブラッシング゙法をご指導いたします。
<成長期の患者様>
通常、動的治療時期を「stepⅠ」「stepⅡ」に分けます。 「stepⅠ」では、成長を利用して治療を行い、歯が正常な位置にはえてくるよう誘導します。 ガムによる咀嚼訓練や筋機能訓練なども必要に応じて行います。 「stepⅡ」では、仕上げを行います。
<成人の患者様>
矯正のみで治療が不可能なきびしい症例では外科手術が必要になります。必要に応じて表情筋の機能訓練による顔のシェイプアップなども行います。

保定

4)保 定

歯の移動が終わったら装置を撤去し、後戻りを防ぐためリテーナー を装着します。リテーナー装着、約1ヵ月後、治療開始と同様に資料を採得し、治療結果を評価します。 歯の位置が安定して、後戻りが生じていないと判断できたら治療終了となります。

矯正装置の種類

矯正治療では、通常、歯にブラケットをつけ、ワイヤーにより、少しずつ歯を移動していきます。
セルフライゲーションブラケット装置(デーモンシステム)

セルフライゲーションブラケット装置
(デーモンシステム)

ブラケットとチューブに生じる摩擦を従来の数百分の一に軽減。より弱い力で歯を動かすことができ、より体にやさしく、早く治療が終了できるようになりました。

白色の樹脂でコートしたワイヤを使用した矯正

白色の樹脂でコートした
ワイヤを使用した矯正

セラミック製のブラケットや表面を樹脂でおおった白色のワイヤーが開発され、従来と比較して痛みが少なく、目立ちにくい治療が行なえます。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置
(製品名インビザライン)(完成物薬機法対象外)

薄いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を用いた治療では、原則的に歯に従来のブラケットは装着しませんから、快適な矯正治療が可能となりました。
すべての症例をアライナーのみで治療することができませんから、従来の装置を補助的に使用して可能な限り、審美的で快適な治療を目指します。


保定装置について

装置を撤去した直後の歯には動揺があり、まだ安定していません。
もし、この時期にリテーナーを使用されないと、確実に後戻りが生じます。1日あたりの後戻り量はほんのわずかですので、毎日装置を使用されれば後戻りは確実に抑えることができます。
通常、プレートタイプリテーナーを装着します。
めだたないリテーナーをご希望の患者様にはクリアリテーナーを装着します。
下顎は、歯の裏側の形態にあわせて屈曲した細いワイヤーをレジンで接着します(ボンディングリテーナー)。
しばらく、はずしておいても抵抗なく装着できるようであれば歯の位置は安定して、後戻りが生じていないと判断し、治療が終了となります。
プレートタイプリテーナー
プレートタイプリテーナー
クリアリテーナー
クリアリテーナー
ボンディングリテーナー
ボンディングリテーナー
矯正治療は人により症状が様々に異なります。
矯正の費用・期間につきましてはお気軽にお問い合わせください。
お問合せのページへ