拡大鏡(歯科用ルーペ)

ほぼ全ての処置で「拡大鏡」を使用して、治療を行っています。
拡大鏡とは虫眼鏡のようなもので歯を大きく拡大して見ることが可能となります。

拡大鏡の特徴
  • 虫歯や歯石の取り残しを防ぎます。

  • つめものや冠の精度が上がります。

  • 削りすぎることが無くなるため、歯の健康な部分を多く残せます。

拡大鏡(歯科用ルーペ)
「見える」ことは再治療を極力減らし、歯を長持ちさせることに繋がります。

認定を受けるには以下のような施設基準があります
  • 医療安全対策及び高齢者の口腔機能管理に係る研修を受けている歯科医師が複数名配置されている

  • 治予防やメンテナンスができる歯科衛生士が配置されている

  • 訪問歯科診療や歯周炎のメンテナンス、補綴物の維持管理を行ってきた実績がある

  • 滅菌、感染防止に必要な設備がある

  • 当該地域において、在宅療養を担う内科医、介護・福祉関係者等との連携体制が整備されている

  • 院内にAEDや酸素ボンベ、救急蘇生薬剤など、緊急時に対応できる設備、器具などが設置されている

  • 緊急時、連携している医科や、その他の保険医療機関との連携がなされている

当院では院長自らの大学病院や総合病院での勤務経験を活かし、数年前から来院された方々が気づかない箇所(例えば診療点数以外の衛生環境)への配慮・対策を講じてきたため、厚労省から求められた認定条件を難なくクリアして「かかりつけ機能強化型歯科診療所」に移行することができました。

「かかりつけ歯科医機能強化型診療所」の認定により下記が保険内で実施可能となりました。
  • 軽度のむし歯(Ce)についてフッ化物の塗布など予防処置ができるようになりました。

  • 今まで3ヶ月に1度しかできなかった保険診療での歯周病のメインテナンスが毎月できるようになりました。

この認定に伴い、より高度な歯科医療の提供を支援するため国から給付される診療報酬がいくらか増額となります。そのため皆様のご負担分が数百円から数千円高くなることをご承知おきください。

当院としましてはこの増額分をより満足度の高いケアを行うべく従業員の研修や設備投資などへ振り向けることで皆様方の将来における様々な口腔内の疾病及び全身疾患のリスクを減らし、国の医療費抑制策にも少なからず貢献して参りたいと思っております。
ご来院された際に担当歯科医師、歯科衛生士より個別にご説明申し上げますがご不明な点がございましたらご遠慮なくお聞かせください。